血糖値サプリランキング@糖尿病予備軍におすすめ!

MENU

血糖値サプリランキング

 

血糖値が高いとなる病気

 

 

血糖値が高い場合、人体にはどのような影響があり、どのような病気が引き起こるのでしょうか。血糖値が高いというのは、血管に糖が過剰に含まれている状態となります。

 

この血糖値をただひとつ下げることのできる作用をもつホルモンであるインシュリンが、過剰に摂取される糖に間に合わなくなってしまったり、ホルモンの以上によりインシュリンの働きが弱くなったり分泌されなくなってしまうと血液はどんどんドロドロになり、血糖を尿に溶かして体外に排出するようになります。

 

これが糖尿病の状態となるのです。また、ドロドロになってしまった血液は血管を傷めます。こうなるこ今度は動脈硬化などになってしまうのです。動脈硬化になってしまうと血管壁からエネルギーや酸素を取り込みにくくなり、更に血糖値が上がってしまいます。

 

また高血圧や神経障害にもなる可能性があります。更に血糖値が高いと、肥満にもなります。肥満の人に糖尿病が多いとされているのはこれが関係しているのです。このように血糖が高い状態を放置していると、全身の血がどろどろになり血管が詰まってしまい、いずれは昏睡状態となってしまうおそれもありますので、もしかして、と思った場合にはすぐに病院に行きましょう。

 

また、血糖値が高いというのは自覚症状もあまりない為、放置してしまいがちになります。病気の早期発見の為にも、年に一度は健康診断をしっかり受けるようにして、自分の健康状態を確認するようにしましょう。

 

血糖値の基準値はどれくらい?

 

血糖値が高い、低いを判断するのに目安となってくるのが血糖値の基準値です。正常な人の血糖値はこの基準値内にあります。この基準値を分かっていないと血糖値を測ってもそれが高いのか低いのか、正常なのかもわかりませんよね。ですので基準値はしっかり理解しておく必要があります。

 

血糖値というのは特に炭水化物などを食べたときの食後に大きく上がってしまいますので、食後2時間の時の血糖値と、食後8時間〜12時間以上絶食した空腹時の血液の血糖値を調べる必要があります。空腹時の血糖の基準値は70〜109mg/dl、食後2時間の血糖の基準値は140mg/dl未満が正常ということになっています。これより高い場合は血糖値を下げる対策をしましょう。

 

見ると倍ちかくの差があり、それほど食後には血糖値があがるのだという事が分かります。尚、この血糖値は食材によっても大きな変化が出ます。通常ならば空腹時の血糖値を測定しますが、もし糖尿病になっている場合には、食後の血糖値が異様に高くなるので、この2回の検査をする必要があるのです。健康診断などがある際には朝食を食べないでくるように、と言われてるのもこの為です。

 

尚、この正常値とされている数字は検査する施設でも微妙に異なってくる場合もあります。血糖値の基準値を知らなくても、病院に行けば適切な治療などをしてくれますが、高血糖や低血糖の自覚症状がない場合にはこの数字を見て、自分の血糖値がどれくらい異常なのかという事を把握しておくとその対策もしっかり意識的に行えるようになる事でしょう。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌というのは、どのような違いがあるのか疑問に思っている人は多いようですが、乳酸菌の種類の一つがビフィズス菌です。

 

この乳酸菌というのは、糖分を分解して乳酸を作り出す細菌のことを意味しており、この乳酸菌だけでも相当の種類が存在しています。われわれ人間の中にも、乳酸菌は存在していますが、酸素がある中でも生存をすることができますから、色々な生物の中に乳酸菌は存在しています。

 

乳酸を作り出すために、頭部を分解しているという特徴があることから、発酵食品を作るために活用されています。ですから、キムチや漬物、チーズ、ヨーグルトなどの発酵食品というのは、多くの乳酸菌を含んでいます。

 

ビフィズス菌も乳酸菌の一つですから、糖分を分解して乳酸を作り出すという特徴を持っています。ただ、ビフィズス菌の場合は、酸素がある中では生存をすることができないという特徴があります。ですから、自然界の中には存在しておらず、動物や人間などの腸内の中で生活しているのがほとんどです。そのため摂取するためにはビフィズス菌 サプリを飲むことが必要です。

 

また、ビフィズス菌というのは、乳酸だけではなく、殺菌性の強い酢酸も作り出しています。これによって、乳酸菌の中でも腸内環境を整えやすいという性質を持っているのです。

 

乳酸菌というのは、私たち人間と関わり合いの強い細菌となっているのですが、人間というのはそこまで多くの種類の乳酸菌が常在しているわけではありません。また、中には特に健康に影響を与えるわけではない乳酸菌も存在しています。

更新履歴