おならのにおいは食べ物に左右される

MENU

おならのにおいは食べ物に左右される

食物繊維が豊富に含まれているごぼうやさつまいもをたくさん摂取すると、通常よりもおならの回数が多くなることは多くの人が知っていると思います。中には、同じ量のじゃがいもとさつまいもを比較すると、さつまいもの方が2〜10倍もおならの量が増加するという説もあるほどです。

 

このように、食べ物とおならには深い関係があることがわかります。

 

では、どのような食べ物を食べている時におならのニオイが臭くなるのでしょうか。まず、おならが臭い原因は、食べ物を消化分解する際に発生するガスが大半を占めていると言われています。そして、一番臭いのが、動物性たんぱく質を分解する時に発生するガスです。

 

肉類などにこの動物性たんぱく質は豊富に含まれているため、たくさん肉類を食べるとおならが出やすくなります。たくさんの肉料理を食べた翌日はきついニオイのおならがたくさん出たという経験をした事がある人も多いでしょう。

 

また、にんにくやねぎ類、にらなどの食べ物には硫黄分が豊富に含まれています。これらの食べ物も大腸で分解される際に強い臭いのガスが発生します。

 

では、食物繊維の多いさつまいもなどの食べ物に関してはどうでしょうか。

 

確かにガスの量は増加しますが、それほど臭いは強くないはずです。食物繊維の多いさつまいもなどの食べ物が分解される際、メタンガス、水素ガスといったガスが発生します。これらのガスはほとんど臭いのないガスです。

 

そのため、必ずおならが出ると臭くなるわけではないということです。お腹の中が、善玉菌が多く繁殖し健康な状態であれば、臭いの元となっているガスが作られないので、臭いおならにならないのです。普段から肉類の摂取を控えるなど食生活に気を配ることで、臭いのないおならになります。